家庭用 蓄電池

『家庭用 蓄電池』の関連文章

イーエフイーでは家庭用蓄電池の販売や検査装置のフィールドエンジニアリングを行っています。家庭用蓄電池・蓄電装置・非常用電源・フィールドエンジニアリング/ イーエフイーでは蓄電装置、LED照明の販売と検査装置のフィールドエンジニアリングを行っています。

『家庭用 蓄電池』のブログ

太陽光
太陽光
いつも脳天気な脳内太陽光発電

従軍慰安婦問題と歴史認識についての最善の方法は。
各建物に太陽光をつければ、猛暑の続く夏でも快適に過ごせます。
夜間の屋外照明・信号などに、太陽光発電と蓄電池をつけ、自立型にすれば、災害時でも停電することなく、稼働し、被害を最小限に抑えられます。
 

『家庭用 蓄電池』の質問サイト

新築を建てる予定です?雪国で太陽光発電は損でしょうか?また、雪国で太陽光発電にしている方、冬の間の光熱費はいくらくらいでしょうか? 最近、イシンホームで資料請求しました。イシンホームでは、太陽光発電で売電をしてローン返済に当てるとローンが安くなる。と書いてありますが、例で出されているのは、岡山や広島などの雪のない所ばかりです。雪国の実例が全く紹介されていません。それは、損をするからでしょうか? また、太陽光発電はkwによって発電量が違うのですか?イシンホームでは10kwのソーラーパネルを使用するそうですが、それはたくさん売電できる分、付けるのに費用がかかるということですか? 最後に、蓄電池とはどのような仕組みなのか、太陽光発電と蓄電池を両方取り付けたときのメリット、デメリットを教えてください。 長くなりすみません。 売電や蓄電などで節約をしていきたいと思いますが、雪国のため不安になりました。蓄電池や太陽光発電を導入した方、教えて下さい。
イシンホームは岡山が本部なので岡山、広島が中心になるのは仕方がないと思います。北国の方が冬の日照時間が少ないのと除雪が難しいようであれば晴れても発電できません。損という表現は?ですが、どうしても発電量は落ちます。ただ、他の季節ではそれほど変わりがないです。どちらかといえば土地が広いので、本格的な大規模太陽光発電施設の設置があります。それほど悲観されることはないです。南の地方でも屋根に影が入るような条件では満足な発電はできません。パネルは温度上昇すると発電しなくなります。(夏には屋根の上なので60℃を超える)北国では夏でも涼しくパネルは温度上昇が少ないので、夏場は有利な場合もあります。 どちらかというと、建設予定地(設置場所)の日当たりの条件が問題で南面に広い面積の屋根が確保できて、影が入らないような条件なら最高です。北国では冬場が期待できないので、大容量のパネルを搭載して、発電出来るときに発電するという考え方もあります。イシンホームのプランのなかにカーポートや外構の屋根にも搭載の家があり、20kw以上のパネルを乗せています。 太陽光発電はkwによって発電量が違う変うのですか? kwではなく、パネル自体の性能によって変わってきます。宣伝しているのは公称発電量で実際に屋根に乗せてみると恐ろしくメーカーによって差が出ます。自動車の燃費表示と同じで、最も良い条件での値です。 それはたくさん売電できる分、付けるのに費用がかかるということですか? 少ない容量でも工事やいるものはいります。どちらかというと容量を増やす方が設置費用は安くはなります。(発電量から割り出すと・・・) パワコンという、発電した電気を家庭で使える電気に変換する物の容量が4~5.5kwなのでその5kw(パワコン一台)、10kw(パワコン二台)というパワコンの能力ぎりぎりの単位のシステムがコスパが高くなります。付けるのに費用は業者次第なので現在は新築ならkwあたり30万くらいで設置が可能なので、高ければ検討が必要です。当家は30万を切ってます。イシンでもそれくらいで付けてるはずです。 蓄電池については、携帯や電気自動車の電池と同じリチュウムの電池が使われていて、ほとんどはオール電化住宅の場合は深夜の電気代が安い分、昼間の電気が高いので、深夜電力で充電して、昼間にその電気を使うというのが一般的です。太陽光で発電した電気は売電した方が得なので、ほとんどの場合は深夜電力の充電に使います。 実際は容量が小さいのに定価は恐ろしく高く、劣化も早く使い物になりません。 現在、太陽光発電の売電価格も下がり、売り上げが落ちてきているので、悪徳業者?は太陽光から儲け口を蓄電池にシフト替えしているところです。 現在発売中の蓄電池は非常用と考えていた方が良いです。 本格的な利用を検討でしたら電気自動車を家につなぐことを検討した方が良いです。参考→http://ev.nissan.co.jp/LEAFTOHOME/ うちはこのシステムを採用して電気自動車3台で移動手段と蓄電池のダブル利用で無駄なく利用してます。お出かけしてもどれか一台が家につながってます。 うちでも蓄電池は非常時用という考えに近いです。蓄電池にかかる費用はとても元を取るような金額ではないです。昨年、うちの近くで全国的にも報道された土砂崩れが発生して、本当に長い間、停電が続きました。その際、ほとんどのうちは準備がなく、携帯電話すら、充電に困る状態でした。そのような時でも家が残ればパネルや蓄電池である程度の電化生活できます。このところ毎年、大災害があります。 イシンホームついては海外パネルを売り付けるだけでサポートがないです。付けた工務店が直します。そこで加盟店によってはパナのパネルを展示場でも上げてました。サポートが心配なのでパナを上げると言ってました。(その加盟店はイシンに除名されましたが・・・) パネルですが今、主流のシリコン系のパネルはパネルの一部に影が入るとほとんど発電できなくなります。ソーラーフロンティアのパネルだけは方式が違い(当家も採用)、影が入っても発電します。今年の冬はこちらでも(広島)何度か雪が降り、解けかけは点々と雪が残りますが、雪がない部分でしっかり発電していました。 曇りの日などの発電もそこそこ良いです。北国にはおすすめのパネルだと思います。
東芝の太陽光パネルが南向きに5.6キロのってます。3月に快晴の日は最高瞬間発電量が5キロを超えていたんですが、最近どんなに快晴でも最高瞬間発電量が4.3キロを超えることがありません。 これは普通ですか??
電圧上昇抑制が起きてませんか? オムロンのパワコンならモニターで電圧上昇抑制の履歴が確認できます。

関連語

  1. 専門エージェンター>
  2. 掲載サイト2>
  3. 家庭用 蓄電池