庄原の不動産

『庄原の不動産』の関連文章

『庄原の不動産』のブログ

0427(月) 寝過ごしちゃったので
・交渉を有利に導く
・不動産物件調査
・対人近隣調査

探偵|探偵や興信所に何かをお願いするなんてシチュエーションは…。
素行調査してほしい相手の住居の種類、職種とか利用する交通手段によって全然違ってくるので、いただく料金も異なってくるのです。
妻サイドによる不倫で成立した離婚の場合でも、二人で形成した動産、不動産などの財産の二分の一に関しましては妻の財産です。
だから、別れるきっかけになった浮気をした方が財産を全く分けてもらえないというわけではないのです。

『庄原の不動産』の質問サイト

抵当不動産を譲渡担保とし設定とを受けた場合、譲渡担保権者が譲渡担保権を実行する場合は抵当権者者はどうなりますか? 譲渡担保権権者が先にお金をもらい抵当権者にお金を分けるのでしょうか? よろしくおねがいします。
この質問は前に回答しましたが。 抵当権の登記が先にあり、その後で譲渡担保を原因とする所有権移転登記があるのです。 ということは、抵当権が付いたままの不動産ですから、譲渡担保権者が処分するにしてもその値段でしか処分できません。
遺産相続についての質問です。 被相続人の死亡直前に当人が引き出せない地域のATMからの出金があり、引き出されたATMが明らかに相続人の内の一人が操作した地域のATMであった場合、出金され た額は相続対象になりますか? また遺言公正証書に不動産と現金の相続については異なる相続人の記載があり、相続開始前(死亡前)に被相続人が不動産を売却して現金化した場合は不動産の相続人が売却額相当の現金を相続する権利はありますか? 以上、長文になりましたが知識が無いので教えて頂けますでしょうか。
預貯金の件は、出金されたお金の使い道次第だと思います。 不動産の件は、相続が開始された時、遺言記載の不動産がないのですから、その部分の遺言は無効です。 従って、遺産分割の対象になり共同相続人で協議して分割します。

関連語

  1. 専門エージェンター>
  2. 掲載サイト5>
  3. 庄原の不動産